ブラックリストに注意

質の良い中古ドメインをうまく入手できれば、新しくサイトを運営していくにあたって有利に進めていくことができます。
例えば、以前の使用者が築いてきた被リンクなどの情報を引き継いで、そのまま新しいサイトの評価にすることができます。
他にも、新しいサイトに対してかけられるエイジングフィルターを回避することができるので、SEO対策に関しても有利になります。
しかし、中古ドメインであればすべてが利益があるというわけではなく、気を付けて選定をする必要があります。

ブラックリスト入りしているドメインかも

自分でドメインを探しているときに気を付けなければならないのが、そのドメインがブラックリストに入ってしまっているかもしれないということです。
例えば、スパムメールを配信したり、フィッシング詐欺などの悪質なサイトとして運営されていたサイトの場合、このブラックリストに入ることになります。
悪質なドメインとして認定されてしまっている場合、それを中古として使うと、その情報まで引き継いでしまうことになるのです。

もしかしたら、自分が今から使おうとしているドメインも、その悪質なドメインのうちに含まれているかもしれません。
可能性が皆無ではありませんから、事前にブラックリストであるか否かについてはしっかりと調べておくべきでしょう。

過去に悪質な行為をしていたサイトのドメインを引き継いだ場合、その低評価を引き継いでしまうだけではとどまらないこともあります。
もしかしたら、そのサイトが原因となって引き起こされたトラブルに、自分のサイトも巻き込まれてしまうことになるかもしれません。

そのドメインがブラックリストに入っているかどうかを調べるためのツールもありますし、事前に調査をしておくことは重要です。


ドメインを取る前に調べておく

ドメインを引き継ぐということにはデメリットもある、ということをしっかりと意識しておいてください。
ブラックリストかどうかを調べるというのは、中古ドメインを取得する前に行っておくべき対策のうち、必須の一つといえるでしょう。