理想的な中古ドメインとは

中古ドメインを使用することで、以前そのドメインを使っていた所有者の様々な情報を引き継ぐことができます。
そういった情報を引き継ぐことによって、サイトを新規で開設する際に有利な状態で進めていくことができるようになるでしょう。
しかし、中古ドメインであれば何でもいいというわけではないので、自分の求めているものにしっかりと合っているものでなければなりません。
中古のドメインを見つけることそのものは、時間さえあれば見つけることは可能ですが、それが自分の求めているものに合っているとは限りません。


理想的なドメインとは

では、取得する際にもっとも理想的なドメインとは、どんな条件があるのでしょうか。
まず、SEO対策を有利に進めていくために、有力な被リンクを持っているドメインであるということは一つの条件になります。

評価の高いサイトから被リンクを得ている場合は、そのサイトに対しての評価にもなりますので、上位表示をするためには有利になります。
こういった有力な情報を持っているドメインの場合には、その価値に応じたコストがかかる場合もあります。

また、過去に悪質な運営がされていなかったサイトであるかどうかも気にしなければなりません。
例えば、グーグルの場合は、スパムと認定されたサイトに対しては、ブラックリストに登録をして検索順位を制限することもあります。
自分が取ったドメインがもしブラックリストに載っているようなものだった場合、その時点で上位表示をすることはできなくなってしまいます。

自分がドメインを取る前に、それがブラックリストに載っていることがないかどうかも気にしなければなりません。

そして、上記二つの条件を満たしたうえで、自分のこれから作ろうとしているサイトの内容にあったドメインを取らなければなりません。
ある意味、この点が最も難しいといえるかもしれませんね。

中古だけではダメ

中古をうまく使いこなせば、サイトにとって有利な条件となりますが、それだけでは不十分ということですね。